2008年09月16日

Kと僕の録音遍歴

アランスミシーバンド、かっしーです。

先日、Crossing Pointのフライヤーを持って、某京都外国語大学を訪れました。
せっかく行くのだからということで、当時のクラブの同期や大学の同級生と一緒に行きました。普段全員忙しい身であるにもかかわらず、奇跡的に5人が集まったのです。

前述のアメリカンフォークソング部時代、同じバンドで3年間を共にした、
Y、S。そしてバンドは違ったが同期だったH。クラブは違ったが同じクラスだったK。

昼飯は迷わず大学前のラーメン屋です。
注文するのも忘れて当時のことを好き勝手に話し始める我々は、徐々に当時の事を思い出していきました。ここで書くにはあまりにも恥ずかしく情けない想い出話ばかりでしたが、唯一音楽に関わる想い出として盛り上がったのが、Kと僕のレコーディングにまつわる変遷です。(ここで風景がぐにゃりとなり回想に入ります)

今思えば彼と仲良くなったのはただ単に名前がそっくりで出席番号(?)が近かったから、だと思います(この大学は生徒をアイウエオ順に並べてクラス分けするというものすごいシステムをとっていた。今はどうか知りませんが。。。)。

そんな彼が僕のクラブのバンドに興味を持ち、録音したい!と言い出します。
当時、僕らが使える機器といえばラジカセだけ。
ちょっと待てよ、二つラジカセを用意して、録音した演奏を流してそれをバックに歌って、もう一つのラジカセでその様子を録音する。。。重ねて音とれるやん!と二人で手をとって喜んだりしていました。

その時初めて多重録音、という言葉を知りました。

すると数日後、Kが青ざめた顔で僕のもとにやってきて言うのです。
「かっしー、一本のカセットテープに何個も重ねて音を録れる機械があるらしい」
どうもMTR(Multi-track Recorder)と言うらしい、と。

早速楽器屋に行き調査をします。
当時、8トラックのMTRは15〜20万しました。大学生の僕らにとっては相当な金額です。しかしこういうときのKの瞬発力というのは凄まじいものがありました。

「俺、買うわ。」そうつぶやいたKの目はもう常軌を逸していました。
僕は止めました。「K、わかってんのか!20万やぞ。使いこなせるかどうかもわからんねんぞ!」肩をゆさぶって説得するのですがKは目を合わさず、遠くの方を見つめながら

「かっしー、8つも音、重ねられるんやぞ。」と同じ事を何度も上の空で繰り返すばかり。

数分後、Kは「生まれて初めて組むローン」の申込書を前にペンを握っていました。サインするKの文字が震えていたのを今でもはっきりと覚えています。

488mkii.gif

買ったMTRを、二人して我慢できなくなってその当時の梅田阪急ファイブのトイレの中に入り、箱を開けて全容を確認したことも覚えています。TASCAM 488MkII。アナログレコーディングでは名高い、今でも根強いファンを持つ名器です。その黒光りしたフォルムにも衝撃を受けましたが、男二人が興奮しながらトイレのブースから出てくる光景を見た通りすがりのおっちゃんも相当衝撃を受けていました。

これがMTRとの出会い、そしてここからの経験が自分で曲を作って録るという行為につながり、ひいてはずっと後にバンドを組むきっかけを作ったといわれたら全くその通りだと思います。

そんな想い出のレコーダーで録音した最初の音源が発見されました。
主線を歌っているのが僕で、ハイトーンのコーラスがK。
曲は、ことごとく洋楽の趣味が違っていた二人が唯一共通して好きだった、
I'll Be There for You / Bon Jovi
恥を忍んで公開します!(Kに無断で)笑


いやあ〜恥ずかしい。でもこれは歴史的な音源だったのです。僕らにとって。
(ここでぐにゃりと現在に戻ります)


外大訪問の帰り道、Kとまったく違う話をしていると、こんな事を言うのです。
「こないだ、どうしてもトイレ行きたくなって、近くにあったYデンキに急遽入ってん。トイレ借りたし、なんか買わな申し訳ないと思って商品見てたら、めっちゃお買い得商品があってな。42V型のプラズマテレビ買ったわ。」



二十歳を超えたら性格は変えられんと言うが、あれは本当だ。





posted by Crossing Point at 23:13| 兵庫 ☔| Comment(3) | アランスミシーバンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恥じゃないですよ。
充分格好いい音ですよ
Posted by at 2008年09月19日 20:35
おおお 名も知らぬあなた、優しいお言葉をありがとうございます!そうですね。なんか若さがにじみ出てキラキラしていますよね。。。!ありがとう!
Posted by かっしー at 2008年09月20日 00:17
いや〜、本当にこの頃は寝ても覚めても音楽と録音の事ばかり考えていましたね。演奏スキルと録音スキルが上がって行くことが楽しくて仕方無かったことを覚えています。

 最後の方には調子に乗ってクラブのドキュメンタリービデオなんかも夜中までかけて作り濃厚な創作活動を共にしました。

 また十数年振りに何か一緒に録りたいですね!!
Posted by MRL STUDIO at 2008年09月21日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。